月6GBが半年間実質無料で使える!詳細はこちら 
端末

LINEMOで使えるXperiaと自分で機種変更する手順を解説

記事内に広告が含まれています

 

 

本記事ではLINEMOで使える/使えないXperia(エクスペリア)と、自分で機種変更する手順を解説します。

 

LINEMOはXperiaを含めたスマホ端末を販売していませんが、他で購入したXperiaも使えます。

ただし、対応バンドには注意が必要です。

 

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

LINEMOで使えるXperia

 

LINEMO Xperia 機種変更

 

Xperiaの動作確認状況

 

現在、LINEMOではソフトバンク版だけでなく、ドコモ版/au版/ワイモバイル版/楽天モバイル版/SIMフリー版のXperiaが動作確認されています。

最新の動作確認状況はこちらで確認してください。

詳細動作確認端末 | LINEMO公式サイト

 

ただし、注意が必要です。

ドコモ版/au版も動作確認端末一覧ページでは〇(使えること)になっていますが、実際は対応していないバンドもあります。

使わないわけではないですが、個人的にはこの動作確認端末一覧は信じないほうがよいように思います。

 

ドコモ/au/楽天モバイル版に注意

 

前章のとおり、動作確認されている機種の中でも注意が必要です。

LINEMOで使うには、端末が以下のバンドに対応している必要があります。

  • 5Gバンド:n77
  • 4Gバンド:B1・3・8

 

必ずしも全て対応していないと使わないわけではありませんが、基本的にはすべて対応している端末でないとつかうのはおすすめしません。

ドコモ版/au版/楽天モバイル版のほとんどのXperiaは、LINEMOで使う5Gバンドのn77と4GバンドのB8に対応していません。

4GのB1/3には対応しているので街なかでは問題なく使えるかも知れませんが、少し街なかを離れると電波が繋がらなくなる可能性もあります。

よくわからない方は使わないほうが良いでしょう。

詳細対応周波数 | docomo(PDF)
詳細対応周波数 | au

 

ドコモのXperiaはahamoirumo、auのXperiaはpovoかUQモバイルで使いましょう。

これらは比較的通信速度が速いのでおすすめのキャリアです。

 

2022年以降に発売されたXperiaは他社のバンドにも対応している機種が多く、ドコモ・au・楽天モバイル版でもLINEMOで使える場合があります

 

ソフトバンク版は使える

 

ソフトバンク版のXperiaは多くが動作確認されていますが、ソフトバンクで販売されたXperiaはLINEMOのバンドに対応しています。

そのため、SIMロック解除すればLINEMOで使えます。

 

ただし、使えるのは2015年5月以降に発売された端末です。

それ以前の端末はSIMロック解除ができないので使えません。

 

また、ソフトバンクでXperia端末を購入し、ソフトバンクからLINEMOに乗り換える場合は自動でSIMロック解除してもらえますが、中古で買ったソフトバンク版の端末は自身で解除が必要です。

詳細SIMロック解除 | ソフトバンク

 

なお、2021年5月12日以降にソフトバンクで購入したスマホはSIMロックがかかっていないので、LINEMOのSIMを差し替えてAPN設定すれば使えるようになります。

 

SIMロック 使用可否
2021/5/12
以降に購入
なし そのまま使える
2015年5月以降
に発売
~2021/5/12
以降に購入
あり
(解除可)
SIMロック解除
後に使える
2015年5月以降
に発売
あり
(解除不可)
使えない

 

最終的には動作確認端末一覧ページの記述に従ってください

 

ワイモバイル版も使える

 

ここ数年はワイモバイルでもXperiaが発売されるようになりました。

記事執筆時点でもXperia Ace IIIを販売中です。

 

ワイモバイル版のXperiaはすべて動作確認されています。

ワイモバイルで販売されたXperiaはLINEMOのバンドに対応しているので、どの機種もSIMロック解除すればLINEMOで使えます。

 

また、ワイモバイルでXperiaを購入し、ワイモバイルからLINEMOに乗り換える場合は自動でSIMロック解除してもらえます。

ただし、中古で買ったワイモバイル版の端末は自身で解除が必要です。

なお、2021年5月12日以降にワイモバイルで購入したスマホはSIMロックがかかっていないので、今後発売される機種もLINEMOのSIMを差し替えてAPN設定すれば使えるようになります。

 

LINEMOに必要なバンドは?

 

繰り返しになりますが、他で購入したXperiaをLINEMOで使う場合は、必ず対応バンドを確認しましょう。

一部の機種は完全に対応しておらず、地域によっては繋がりにくくなる可能性があります。

 

 

以下に対応していればLINEMOで使えます。

  • 5G:n77
  • 4G(FDD-LTE):B1・3・8

 

なお、ソフトバンクとワイモバイルで購入したXperiaはLINEMOのバンドに対応しています。

動作確認端末一覧に記載の機種は、SIMロック解除すればLINEMOでも使えるでしょう。

 

ドコモ/au/楽天モバイルのXperiaは、ほとんどが4Gのバンド8に対応していません。

4Gバンドの1/3には対応しているのでSIMロック解除すれば街なかでは使えますが、少し田舎や山間部にいくと圏外になる可能性があります。

使用はおすすめしません。

 

ただし、Xperia 1 IV以降やXperia 5 Ⅳ以降は大手4キャリアの主要なバンドにフル対応しています。

それ以降に発売されるXperiaも一部はLINEMOで使えるようになるでしょう。

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

LINEMOで使えるXperia

 

Xperia 5 Vは使える?

 

Xperia 5 Vはドコモ、au、楽天モバイルとSIMフリー版(公開市場版)が発売されました。

このいずれの機種もLINEMOの主要な4G/5Gバンドを網羅しています。

唯一SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、間違いなくLINEMOでも使えます。

どれもSIMロックはかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すればすぐに使えます。

 

端末のみの購入はこちらからどうぞ。

LINEMOで使う場合はどれを選んでも問題なく使えます。

 

 

ただし、SIMフリー版/ドコモ版/楽天モバイル版はドコモ回線の4G/5Gバンドも網羅しています。

au版はドコモ回線の5Gバンドのn79に非対応なので、ドコモ回線でも使う可能性がある場合はSIMフリー版かドコモ版/楽天モバイル版を選ぶのがおすすめです。

 

Xperia 1 Vは使える?

 

Xperia 1 Vはドコモ、au、ソフトバンクとSIMフリー版(公開市場版)が発売されました。

このいずれの機種もLINEMOの主要な4G/5Gバンドを網羅しており、動作確認されています。

どれもSIMロックはかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すればすぐに使えます。

 

端末のみの購入はこちらからどうぞ。

LINEMOで使う場合はどれを選んでも問題なく使えます。

 

 

ただし、SIMフリー版とドコモ版はドコモ回線の4G/5Gバンドも網羅しています。

au版とソフトバンク版はドコモ回線の5Gバンドのn79に非対応なので、ドコモ回線でも使う可能性がある場合はSIMフリー版かドコモ版を選ぶのがおすすめです。

 

Xperia 5 IVは使える?

 

Xperia 5 ⅣはSIMフリー版(公開市場版)・ドコモ版(SO-54C)・au(SOG09)・ソフトバンク版(A204SO)・楽天モバイル版(XQ-CQ44)が発売されました。

 

このうち、LINEMO公式サイトではドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル版が動作確認されています。

SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、こちらも間違いなく使えるでしょう。

 

  • SoftBank版:Xperia 5 Ⅳ A204SO
  • ドコモ版:Xperia 5 IV SO-54C
  • au版:Xperia 5 IV SOG09
  • 楽天版:Xperia 5 Ⅳ XQ-CQ44
  • SIMフリー版:Xperia 5 Ⅳ XQ-CQ44

 

Xperia 5 Ⅳはソフトバンク版はもちろん、ドコモ版・au版・楽天モバイル版もLINEMOの4G/5Gバンドを網羅しています。

安心して使えますね。

 

Xperia 5 Ⅳの本体のみはこちらで購入できます。

 

 

Xperia 1 IVは使える?

 

Xperia 1 IVはSIMフリー版(XQ-CT44)・ドコモ版(SO-51C)・au(SOG06)・ソフトバンク版(A201SO)が発売されました。

 

このうち、LINEMO公式サイトではドコモ・au・ソフトバンク版とSIMフリー版(公開市場版)がすべて動作確認されています。

 

  • SoftBank版:Xperia 1 IV A201SO
  • ドコモ版:Xperia 1 IV SO-51C
  • au版:Xperia 1 IV SOG06
  • SIMフリー版:Xperia 1 Ⅳ XQ-CT44

 

Xperia 1 Ⅳはソフトバンク版やSIMフリー版はもちろん、ドコモ・au版もLINEMOの4G/5Gバンドを網羅しています。

今後はXperia 1 Ⅳのように他社で買った端末もLINEMOで使えるようになるかもしれませんね。

 

Xperia 1 Ⅳの本体はこちらで購入できます。

 

 

Xperia 5 IIIは使える?

 

Xperia 5 IIIはドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリー版(SONYストア版)が発売されています。

このうち、LINEMOの5G/4Gバンドを網羅しているのはSONYストアで販売されたSIMフリー版とソフトバンク版のみです。

 

ドコモ版のXperia 5 III SO-53Bは4GのB8や5Gのn77に非対応ですし、au版のXperia 5 Ⅲ SOG05も4GのB8に非対応です。

LINEMO公式サイトの動作確認端末一覧ページではどちらも〇になっていますが、LINEMOでは使わない方がよいでしょう。

 

  • SIMフリー版(公開市場版):〇
  • ソフトバンク版:〇
  • ドコモ版:×
  • au版:×

 

ドコモのXperiaは速度が速いahamoirumo、auのXperiaはUQモバイルで使いましょう。

 

Xperia 5 Ⅲの本体はこちらから購入できます。

これから買う方はSIMフリー版(公開市場版)かソフトバンク版を買ってください。

 

 

Xperia 1 IIIは使える?

 

Xperia 1 IIIはドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリー版(SONYストア版)が発売されています。

このうち、LINEMOの5G/4Gバンドを網羅しているのはSONYストアで販売されたSIMフリー版とソフトバンク版のみです。

 

ドコモ版のXperia 1 III SO-51Bは4GのB8や5Gのn77に非対応ですし、au版のXperia 1 Ⅲ SOG03も4GのB8に非対応です。

公式サイトの動作確認端末一覧ページではどちらも〇になっていますが、LINEMOでは使わない方がよいでしょう。

 

  • SIMフリー版(公開市場版):〇
  • ソフトバンク版:〇
  • ドコモ版:×
  • au版:×

 

ドコモ・au版も使えないことはないですが、使うのはおすすめしません。

ドコモのXperiaは速度が速いahamoirumo、auのXperiaはUQモバイルで使いましょう。

 

Xperia 1 IIIの本体はこちらで購入できます。

これから端末を買う方はSIMフリー版(公開市場版)かソフトバンク版を買ってください。

 

 

Xperia 5 IIは使える?

 

Xperia 5 IIはドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリー版(SONYストア版)が発売されています。

SIMフリー版(SONYストア版)は動作確認されていませんが、ドコモ・au・ソフトバンク版は公式サイトの動作確認端末一覧ページで〇になっています。

 

まず、SIMフリー版のXperia 5 Ⅱ XQ-AS42は動作確認されていませんが、問題なく使えるでしょう。

 

しかし、ドコモ版のXperia 5 Ⅱ SO-52A・au版のXperia 5 Ⅱ SOG02は注意が必要です。

LINEMOの5G/4Gバンドを網羅しているのはソフトバンク版のXperia 5 Ⅱ A002SOとSONYストアで販売されたSIMフリー版のみです。

 

ドコモ版のXperia 5 II SO-52Aは4GのB8や5Gのn77に非対応ですし、au版のXperia 5Ⅱ SOG02も4GのB8に非対応です。

LINEMOでは使わない方がよいでしょう。

 

  • SIMフリー版(公開市場版):〇
  • ソフトバンク版:〇
  • ドコモ版:×
  • au版:×

 

ドコモのXperiaは速度が速いahamoirumo、auのXperiaはUQモバイルで使いましょう。

 

Xperia 5 Ⅱの本体はこちらで購入できます。

購入時はSIMフリー版(XQ-AS42)かソフトバンク版(A002SO)を買ってください。

 

 

Xperia 1 IIは使える?

 

Xperia 1 IIはドコモ・auとSIMフリー版(SONYストア版)が発売されています。

このうち、LINEMOの5G/4Gバンドを網羅しているのはSONYストアで販売されたSIMフリー版のみです。

 

ドコモ版のXperia 1 II SO-51Aは4GのB8や5Gのn77に非対応ですし、au版のXperia 1Ⅱ SOG01も4GのB8に非対応です。

LINEMO公式サイトの動作確認端末一覧ページではドコモ版は×ですが、au版は〇になっています。

ただしLINEMOでは使わない方がよいでしょう。

 

  • SIMフリー版(公開市場版):〇
  • ドコモ版:×
  • au版:×

 

ドコモのXperiaは速度が速いahamoirumo、auのXperiaはUQモバイルで使いましょう。

 

Xperia 1 IIの本体はこちらで購入できます。

購入時はSIMフリー版(公開市場版/SONYストア版)を選んでください。

 

 

Xperia 1は使える?

 

Xperia 1はドコモ・au・ソフトバンクで発売されました。

このうち、動作確認されているのはソフトバンク版のXperia 1 802SOのみです。

Xperia 1 802SOはSIMロック解除済ならLINEMOのSIMでも使えます。

 

ただし、ドコモ版のXperia 1 SO-03L、au版のXperia 1 SOV40は4Gのプラチナバンド8に非対応です。

バンド1・3には対応しているのでSIMロック解除すれば街なかでは使えますが、少し田舎や山間部にいくと圏外になる可能性があるのでおすすめしません。

 

ドコモのXperiaは速度が速いahamoirumo、auのXperiaはUQモバイルで使いましょう。

 

Xperia 10 Vは使える?

 

Xperia 10 Vはドコモ版、au版、UQモバイル版、ソフトバンク版、楽天モバイル版とSIMフリー版(公開市場版)が発売されました。

au版とUQモバイル版は同じものです。

 

各端末の使用可否は以下のとおりです。

 

  • ドコモ版:〇
  • au版/UQ版:〇
  • ソフトバンク版:〇
  • 楽天モバイル版:〇
  • SIMフリー版:〇

 

ソフトバンク版はもちろん、ドコモ版、au版、UQモバイル版、楽天モバイル版もワイモバイルの4G/5Gバンドを網羅しており、動作確認も完了しています。

どれもSIMロックはかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すればすぐに使えます。

 

唯一SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、こちらも4G・5Gの主要なバンドを網羅しているので間違いなく使えるでしょう。

 

端末のみの購入はこちらからどうぞ。

LINEMOで使う場合はどれを選んでも問題なく使えます。

 

ただし、SIMフリー版/ドコモ版/楽天モバイル版はドコモ回線の4G/5Gバンドも網羅しています。

それ以外はドコモ回線の5Gバンドのn79に非対応なので、ドコモ回線でも使う可能性がある場合はSIMフリー版かドコモ版・楽天モバイル版を選ぶのがおすすめです。

 

 

Xperia 10 Ⅳは使える?

 

Xperia 10 Ⅳはドコモ・au・・UQモバイル・ソフトバンク・楽天モバイルとSIMフリー版(公開市場版)が発売されました。

 

  • SIMフリー版:動作確認なし
  • ソフトバンク版:〇
  • 楽天モバイル版:〇
  • ドコモ版:〇?
  • au版:〇

 

このうち、記事執筆時点ではドコモ版・ソフトバンク版・au版・楽天モバイル版が動作確認されています。

SIMフリー版(公開市場版)は記事執筆時点で動作確認されていません。(au版とUQモバイル版は同仕様)

 

 

au版・ソフトバンク版・楽天モバイル版のXperia 10 Ⅳは問題なく使えます。

ソフトバンク版はもちろん、au版と楽天モバイル版もLINEMOが使う4G・5Gの主要なバンドを網羅していますし、動作確認されているので安心して使えるでしょう。

SIMロックもかかっていないのでSIMを差してAPN設定すれば使えます。

 

SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、こちらも4G・5Gの主要なバンドを網羅しているので間違いなく使えるでしょう。

 

唯一注意が必要なのがドコモ版のXperia 10 Ⅳ SO-52Cです。

公式サイトの動作確認端末一覧ページでは〇になっていますが、LINEMOが使う5Gのn77には非対応です。

4Gバンドは網羅していますので4Gは問題なく使えると思いますが、5Gは使えないので注意してください。

 

LINEMOでXperia 10 Ⅳを使う手順や機種変更手順はこちらの記事に詳しくまとめています。

詳細LINEMOでXperia 10 Ⅳを使う手順

 

Xperia 10 Ⅳの本体はこちらで購入できます。

 

 

Xperia 10 Ⅲは使える?

 

Xperia 10 Ⅲはドコモ・au・ワイモバイルで発売されました。

また、楽天モバイルとMVNO各社ではXperia 10 Ⅲ Liteも発売されました。

 

  • ワイモバイル版:〇
  • ドコモ版:×
  • au版:×
  • Xperia 10 III Lite:×

 

ワイモバイル版のXperia 10 Ⅲ A102SOは動作確認されており、問題なく使えます。

 

ドコモ版のXperia 10 III SO-52Bとau版のXperia 10 III SOG04は注意が必要です。

どちらも公式サイトの動作確認端末一覧ページでは〇になっていますが、どちらもLINEMOが使う4GのB8には非対応です。

さらに、ドコモ版は5Gのn77にも対応していません。

特に4GのB8に非対応だとエリアによっては電波が弱くなるので、使用はおすすめしません。

 

また、Xperia 10 III Liteはどこで発売された端末も4GのB8に非対応なので、こちらもおすすめしません。

 

Xperia 10 IIIの本体はこちらで購入できます。

購入時はワイモバイル版を選びましょう。

 

 

Xperia Ace IIIは使える?

 

Xperia Ace IIIはドコモ版(SO-53C)・au版/UQモバイル版(SOG08)・ワイモバイル版(A203SO)が発売されました。

au版とUQモバイル版は同じです。

 

  • ドコモ版(SO-53C):×
  • au・UQ版(SOG08):×
  • ワイモバイル版(A203SO):〇

 

まず、ワイモバイル版のXperia Ace III A203SOはLINEMO公式サイトで動作確認されており、問題なく使えます。

 

一方、ドコモ版のXperia Ace III SO-53Cとau版・UQモバイル版のXperia Ace III SOG08は注意が必要です。

ドコモ版は5Gのn77と4GのB8に非対応です。

また、au版・UQモバイル版も4GのB8に非対応なので、よくわからない方は使わない方がよいでしょう。

 

Xperia Ace III本体はこちらで購入できます。

購入時はワイモバイル版のXperia Ace III A203SOを選んで買いましょう。

 

 

その他の機種は動作確認端末一覧ページで確認してください

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

Xperiaに自分で機種変更する手順

 

ここでは、LINEMOをすでに契約中の人が持ち込みのXperiaに自分で機種変更する手順を解説します。

手順は以下のとおりです。

 

  1. Xperia端末を準備
  2. 元の端末からSIMを差し替え
  3. 端末初期設定/データ移行
  4. APN設定

 

Xperia本体を用意

 

まずはXperiaの本体を用意しましょう。

これからXperiaを買う人は、楽天市場やAmazonで端末のみが買えます。

また、イオシスやじゃんぱらといった中古スマホ店でも端末のみを購入できます。

 

 

ただし、同じXperiaの機種でも発売元(ドコモ・au・ソフトバンクなど)によって使える/使えないが分かれます。

特にドコモ/au/楽天モバイル版は動作確認端末一覧で使えることになっていても実際はエリアによって電波が弱くなる場合があるので、本記事の冒頭部分をしっかり読んでください。

よくわからない人は、動作確認端末一覧に記載されているソフトバンク版/ワイモバイル版/SIMフリー版のXperiaを使えば安心です。

 

また、他で購入したXperiaをLINEMOで使用する場合は、SIMロック解除が必要な場合があります。

SIMフリー版/楽天モバイル版以外は事前にSIMロックを解除しておいてください。

 

 

なお、ソフトバンク/ワイモバイルでXperia端末を購入し、ソフトバンク/ワイモバイルからLINEMOに乗り換える場合は自動でSIMロック解除してもらえますが、中古で買ったソフトバンク版/ワイモバイル版の端末は自身で解除が必要です。

 

以下の日付以降に購入したスマホはSIMロックがかかっていません
・ドコモ:2021年8月27日
・au/UQモバイル:2021年10月1日
・SoftBank/Ymobile:2021年5月12日
※ドコモ版・au版・楽天モバイル版は多くの機種が4Gのバンド8に対応していないため、使用はおすすめしません

 

SIMを差し替え

 

Xperia本体が用意できたら、現在の端末からSIMカードを抜きXperiaに差し替えます。

SIMピンでSIMトレイを開け、SIMを挿入して閉じてください。

XperiaはSIMピン不要で手で開けられる機種が多いです。

SIM差し替え

 

eSIMを使っている人も、マイページから機種変更が可能です。

手順はこちらを参考にしてください。

詳細eSIMの機種変更手順 | LINEMO公式

 

端末初期設定・データ移行

 

新しいXperiaにSIMを差し替えて電源をONにすると、端末の初期セットアップが開始します。

その中でデータ移行も可能です。

 

iPhone/AndroidからXperiaへのデータ移行は初期設定画面の指示に従えば簡単に移行できます。

ケーブルをつなげば高速で移行できますし、ワイヤレスでも移行できます。

詳細データ移行 | Xperia

 

ただし、全てのアプリが移行されるわけではないので、データ移行完了後に元の端末と見比べて確認しましょう。

また、アプリの再ログインが必要な場合もあります。

 

LINEのトーク履歴の移行はこちらのページをご確認ください。

 

APN設定

 

端末の初期設定とデータ移行が完了したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、スマホをLINEMOのネットワーク回線に接続するための設定です。

APN設定をしないとスマホはLINEMOの回線につながりません。

 

ほとんどのXperiaは、SIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からLINEMOを選択すればOKです。

 

LINEMO Android APN設定

 

もし上記ができない場合は以下の項目を手動で入力してください。

 

<AndroidのAPN入力項目>

項目 入力内容
名前 LINEMO
APN plus.acs.jp.v6
ユーザー名 lm
パスワード lm
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,mms,supl,hipri

詳細Android端末のAPN設定

 

APN設定が完了すると、機種変更は完了です。

 

LINEMOでXperiaが繋がらない

 

LINEMOのSIMを挿してAPNを設定しても「4G/5Gにならない」「3Gのまま」の場合は、以下を確認してください。

 

  • SIMロック解除していない
  • APNの入力ミス
  • 再起動・機内モード
  • SIMスロットを変える
  • しばらく待つ

 

SIMロック解除していない

 

繰り返しになりますが、他で購入したXperiaをLINEMOで使用する場合は、SIMロック解除が必要な場合があります。

SIMフリー版/楽天モバイル版以外の古いXperiaは事前にSIMロックを解除しておいてください。

 

ソフトバンク版やワイモバイル版もSIMロック解除が必要なので注意してください。

ソフトバンク・ワイモバイルでXperia端末を購入し、ソフトバンク/ワイモバイルからLINEMOに乗り換える場合は自動でSIMロック解除してもらえますが、中古で買ったソフトバンク版/ワイモバイル版の端末は自身で解除が必要です。

 

 

以下の日付以降に購入したスマホはSIMロックがかかっていません
・ドコモ:2021年8月27日
・au/UQモバイル:2021年10月1日
・SoftBank/Y!mobile:2021年5月12日
※ドコモ版・au版・楽天モバイル版は多くの機種が4Gのバンド8に対応していないため、使用はおすすめしません

 

APNの入力ミス

 

最も多いのがAPNの入力ミスです。

一部の機種はAPNを手動で入力する必要がありますが、スペルミスや余計なスペースが入力されていたり、コンマとドットを間違えたりといった場合があります。

1文字ずつ入力するのではなく、こちらのページからコピー/ペーストして入力するのがおすすめです。

詳細Android端末のAPN設定

 

再起動・機内モードON/OFF

 

APNを入力したら、端末を再起動しましょう。

機内モードON→OFFでも繋がらない場合は再起動するのがおすすめです。

 

また、再起動や機内モードでもつながらない場合は、「モバイルデータ通信をOFF→ONにする」「一度他社のAPNを選択し、LINEMOのAPNに戻す」といったことも試しましょう。

 

SIMスロットを変える

 

デジュアルSIM対応のXperiaは、SIM1ではなくあえてSIM2に入れてみるのもおすすめです。

なぜかSIM1では繋がらないのにSIM2では繋がる、といったことがあります。

もしSIM2でつながったら、再度SIM1で繋がらないか試してみましょう。

 

しばらく待つ

 

上記をすべて試した上でそれでも繋がらない場合は、しばらく放置しましょう。

私も以前SIMを挿しかえてAPN設定したのに全く繋がらず、諦めて放置していましたが、1週間後くらいに確認したら繋がっていたことがありました。

しばらく待つのもおすすめです。

 

LINEMOのキャンペーン情報

 

LINEMOでは常時お得なキャンペーンを実施しています。

スマホプランやミニプランを契約してXperiaで使う方も、契約時には必ずキャンペーン情報を確認してください。

 

契約 お得な申込方法
ミニ
プラン
(3GB)
新規
MNP
PayPay5,940円分還元
+ 3GBデータ増量
+ 通話定額割引
スマホ
プラン
(20GB)
新規 PayPay6000円分還元
5月31日まで
+ 3GBデータ増量
+ 通話定額割引
MNP PayPay1万円分還元
5月31日まで
+ 3GBデータ増量
+ 通話定額割引
再契約 新規
MNP
ミニ:4,000円分
スマホ:6,000円分
5/31まで増額中
2回線目
追加契約
MNP PayPay5,000円分還元
5/31まで増額中

詳細キャンペーン一覧 | LINEMO公式

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

▼月20GBが月額2,728円▼
(5/31までMNPなら1.5万円分還元中)


キャンペーン詳細はこちら 

 

ミニプランのキャンペーン

 

LINEMOは月3GBのミニプランと月20GBのスマホプランが選べますが、まずはミニプランのキャンペーンを解説します。

ミニプランで現在実施中のキャンペーンは「新規/乗り換えで6カ月間実質無料」「6カ月間データ3GB追加が無料」「通話オプション割引キャンペーン2」の3つです。

つまり、月6GBと5分かけ放題が約6カ月実質無料で使えます。

 

ミニプランが6カ月間実質無料

 

LINEMO ミニプラン 6カ月無料 キャンペーン

 

新規契約、または他社から乗り換えでミニプランに契約すると、5,940円分のPayPayポイントが還元されます。

ミニプランの基本料金は月額990円で3GBのデータ増量キャンペーンも併用できるので、6カ月間は月6GBが無料で使えます。

 

5月1日までは3,000円分でしたが、5月2日から5,940円分に増額されました。

4月15日から5月1日までにミニプランに申し込んだ人も、全員が5,940円分に増額されます。

 

対象はミニプランに新規契約、または他社から乗り換えの場合です。

なお、過去に一度でもLINEMOに契約したことがある人や、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEモバイルからの乗り換えの人は対象外です。

 

ポイントは開通日が属する月の7カ月後に付与されます。

5月に契約した人は12月の上旬、6月に契約した人は2025年1月の上旬なので、少し遅いですね。

PayPayポイントの受け取り方法はこちらで確認してください。

詳細PayPayポイントプレゼントキャンペーン

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

3GBのデータ追加が6カ月無料

 

LINEMO ミニプラン キャンペーン データ増量 4月

 

月3GBのミニプランでは、データ増量無料キャンペーンも実施しています。

LINEMOのデータ追加は1GBあたり550円ですが、このデータ追加が3回分無料になります。

前章で解説した5,940円分還元キャンペーンとも併用可能なので、契約から6カ月間は月6GBが実質無料で使えることになります。

 

データ追加が3回無料になるのは、契約の翌月から6カ月間です。

5月に契約した場合は、6月から11月までが対象です。

 

また、データ容量は自動で追加されるわけではありません。

「1GBあたり550円のデータ追加購入が3回まで無料になる」というキャンペーンなので、データ容量がなくなったあとに自身で追加手続が必要です。

ただし、LINEMOはデータ追加回数の上限が事前に設定ができるので、契約翌月になったら上限を3回に設定しておきましょう。

6カ月経過後には設定を戻すのを忘れずにメモしておいてください。

 

▼自動追加の上限設定方法▼

上限設定はマイページの「データ容量を見る」から

上限回数の設定をする

快適モードをONにし、上限回数を3回に設定

 

キャンペーン詳細はこちらで確認してください。

詳細データ増量無料特典 | LINEMO

 

通話オプション割引キャンペーン

 

LINEMO 通話オプション割引キャンペーン2

 

LINEMOは通話定額オプションもお得です。

契約月を1カ月目とした7カ月間は通話定額オプションが毎月550円割引されます。

5分かけ放題の「通話準定額」は月額550円なので、7カ月間は無料で使えます。

 

通常の
月額料金
割引後料金
(7カ月目まで)
通話準定額
(5分かけ放題)
550円 0円
通話定額
(無制限かけ放題)
1,650円 1,100円

 

5分かけ放題オプションは7カ月間無料なので、通話オプションが不要な人も必ず「通話準定額」に申し込みましょう。

不要なら7カ月後に解約を忘れないようにしてください。

なお、この通話定額オプション割引キャンペーンは主要なキャンペーンでは唯一、2回線目以降の契約や解約後の再契約(出戻り)でも対象です。

 

なお、本キャンペーンはミニプランのデータ増量キャンペーン、PayPayポイント還元キャンペーンや、スマホプランのフィーバータイム、PayPayポイントあげちゃうキャンペーンと併用可能です。

詳細通話オプション割引キャンペーン | LINEMO

 

▼5分かけ放題が7カ月無料▼
LINEMO 通話オプション割引キャンペーン2詳細は公式サイトでチェック 

 

スマホプランのキャンペーン

 

PayPay最大15,000円分還元

 

LINEMO スマホプラン 初夏のPayPayポイントプレゼントキャンペーン

 

スマホプランの契約もお得です。

新規契約でLINEMOのスマホプラン(20GB)に契約した人は6,000円分、乗り換えなら15,000円分のPayPayポイントがもらえます。

キャンペーンは5月31日までです。

 

  • 新規契約:6,000円分
  • 他社から乗り換え:15,000円分

 

PayPayポイントが付与されるのは開通日の属する月の7カ月後の上旬に付与されます。

5月に開通した人は12月の上旬、6月に開通した人は2025年1月の上旬、です。

 

なお、過去に一度でもLINEMOに契約したことがある人や、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEモバイルからの乗り換えの人は対象外です。

また、開通日が属する月の6カ月後(特典付与対象判定月)までに、スマホプランからミニプランに変更するとキャンペーン対象外になってしまうので注意してください。

5月に開通した人は11月まではスマホプランの契約が必要です。

 

PayPayポイントの受け取り方法はこちらで確認してください。

詳細スマホプランキャンペーン | LINEMO

 

▼月20GBが月額2,728円▼
(5/31までMNPなら1.5万円分還元中)


キャンペーン詳細はこちら 

 

3GBデータ追加が6か月間無料

 

月20GBのスマホプランでも、データ増量無料キャンペーンを実施しています。

LINEMOのデータ追加は1GBあたり550円ですが、このデータ追加が3回分無料になります。

よって、スマホプランの場合は契約から半年間、23GBまで追加料金なしで使えます。

前章で解説したフィーバータイムや新生活応援キャンペーンとも併用可能です。

 

データ追加が3回無料になるのは、契約の翌月から6カ月間です。

4月に契約した場合は、5月から10月までが対象です。

 

また、データ容量は自動で追加されるわけではありません。

「1GBあたり550円のデータ追加購入が3回まで無料になる」というキャンペーンなので、データ容量がなくなったあとに自身で追加手続が必要です。

ただし、LINEMOはデータ追加回数の上限が事前に設定ができるので、契約翌月になったら上限を3回に設定しておきましょう。

6カ月経過後には設定を戻すのを忘れずにメモしておいてください。

 

▼追加回数上限の設定手順▼

上限設定はマイページの「データ容量を見る」から

上限回数の設定をする

快適モードをONにし、上限回数を3回に設定

 

キャンペーン詳細はこちらで確認してください。

詳細データ増量無料特典 | LINEMO

 

通話オプション割引キャンペーン

 

LINEMO 通話オプション割引キャンペーン2

 

LINEMOは通話定額オプションもお得です。

契約月を1カ月目とした7カ月間は通話定額オプションが毎月550円割引されます。

5分かけ放題の「通話準定額」は月額550円なので、7カ月間は無料で使えます。

 

通常の
月額料金
割引後料金
(7カ月目まで)
通話準定額
(5分かけ放題)
550円 0円
通話定額
(無制限かけ放題)
1,650円 1,100円

 

5分かけ放題オプションは7カ月間無料なので、通話オプションが不要な人も必ず「通話準定額」に申し込みましょう。

不要なら7カ月後に解約を忘れないようにしてください。

なお、この通話定額オプション割引キャンペーンは主要なキャンペーンでは唯一、2回線目以降の契約や解約後の再契約(出戻り)でも対象です。

 

なお、本キャンペーンはスマホプランのPayPayポイント還元キャンペーンやデータ増量キャンペーン、フィーバータイム、PayPayポイントあげちゃうキャンペーンと併用可能です。

詳細通話オプション割引キャンペーン | LINEMO

 

▼5分かけ放題が7カ月無料▼
LINEMO 通話オプション割引キャンペーン2詳細は公式サイトでチェック 

 

追加申込でPayPayポイント進呈

 

LINEMO 2回線目 追加契約 キャンペーン

 

すでにLINEMOを契約している人が追加で申し込む場合もお得に契約できます。

キャンペーン期間中に専用ページからスマホプラン(20GB)またはミニプラン(3GB)に契約すると5,000円分のPayPayポイントがもらえます。

通常は3,000円分ですが、5月31日までは増額中です。

 

新規契約と他社から乗り換えが対象で、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外です。

追加申込時は専用ページからの申し込みが必要です。

詳細追加申込専用ページ | LINEMO

 

なお、この追加申込キャンペーンとに併用できるのは「通話定額オプション割引キャンペーン」のみです。

ミニプランやスマホプランのPayPayポイントが還元されるキャンペーンとは併用できません。

詳細追加申込専用ページ | LINEMO

 

再契約/出戻りのキャンペーン

 

LINEMO 出戻り 再契約 キャンペーン3

 

過去にLINEMOを契約したことがある人で現在契約していない人向けにもキャンペーンを実施中です。

再契約の人が他社からの乗り換えでミニプランに契約するとPayPayポイントが4,000円分、スマホプランなら6,000円分が貰えます。

通常はミニプランが2,000円分、スマホプランが4,000円分ですが、5月31日までは増額中です。

 

PayPayポイントは開通日の属する月の5カ月後の上旬に付与されます。

5月に開通した人は10月の上旬に付与予定です。

 

なお、スマホプランの特典を得るためには、開通日が属する月の4カ月後(特典付与対象判定月)までスマホプランを契約し続ける必要があります。

それまでにミニプランにプラン変更するとミニプランの特典になってしまうので注意してください。

 

本キャンペーンは専用ページから申し込む必要があります。

詳細追加申込キャンペーン | LINEMO

 

その他キャンペーンとお得な申込方法はこちらにまとめています。

詳細LINEMOの最新キャンペーン一覧

 

Xperia本体の購入はこちら

 

以上、LINEMOで持ち込みのXperiaを使う手順の解説でした。

Xperiaは人気のスマホシリーズでLINEMOでも使えます。

ただし動作確認されていても実際は使えない機種も多いので注意してください。

 

これからXperiaを買う方はこちらからどうぞ!

動作確認されているソフトバンク版/ワイモバイル版/SIMフリー版のXperiaを買えば安心です。

 

 

LINEMOのSIMカードの契約はLINEMO公式サイトでどうぞ!

お得な限定キャンペーンも実施中ですので、是非ご利用ください!

 

▼今すぐSIMを契約する▼

LINEMO公式サイト 

 

▼月6GBが6カ月間実質無料▼

LINEMO公式サイトはこちら 

 

LINEMO 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました