契約は三木谷社長の紹介がお得!詳細はこちら 
iPhone

楽天モバイルでiPhone7が使える!設定・機種変更手順まとめ

記事内に広告が含まれています

 

iPhone7

 

本記事では、楽天モバイルでiPhone7・iPhone7 Plusを使う手順を解説します。

 

楽天モバイルでは2021年4月27日にiPhone7にも正式に対応しました。

アップデートすればSIMを入れただけで使えるようになりますが、重大な注意点もあります。

個人的には楽天モバイルでiPhone12・iPhone SE 第3世代以降の機種を買って使うのがおすすめです。

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone一覧

 

 

▼契約は三木谷社長の紹介がお得▼
(追加契約/再契約も対象)
楽天モバイル 三木谷キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

楽天モバイルでiPhone7が使える

 

楽天モバイル iPhone7 使える 使えない

 

iOS14.4以降なら使える

 

楽天モバイルで使えるiPhoneは2021年春ごろまでiPhone XS・XR以降のみで、iPhone7・7 Plusは非対応でした。

 

しかし、2021年4月27日にiPhone7・7 Plusに正式に対応しました。

iOS14.4以降にアップデートすれば楽天モバイルの主要機能が使えます。

詳細iPhoneの楽天回線対応について | 楽天モバイル

 

APN・プロファイルは不要

 

のちほど解説する手順を踏めば、楽天モバイルはSIMを挿しただけで通話・データ通信・SMSやテザリング(インターネット共有)が可能です。

 

プロファイルのインストールやAPN設定は不要です。

そもそもAPNは入力できないようになります。

 

SMS・テザリングも可能

 

本記事に記載の設定が完了すればiPhone7・7 PlusでSMSもテザリングも可能で、パートナー回線エリアでもSMSが使えます。

 

また、通話・データ通信・SMSなどの基本機能だけでなく自動APN設定や緊急地震速報受信などの細かい機能にも対応します。

ただし、回線の自動切り替えには非対応です。

 

機能 対応
音声通話
データ通信
SMS
テザリング
APN自動設定
回線自動切り替え
(自社/パートナー)
×
緊急地震速報・
津波警報の受信
110/119通話などでの
高精度な位置情報測位

 

iPhone7で使えない機能

 

パートナー回線に繋がりやすい

 

iPhone7は楽天モバイルでも使えるようになりましたが、iPhone7は楽天回線よりパートナー回線に繋がりやすいです。

楽天モバイルは自社の楽天回線とパートナー回線を併用しており、通常は楽天回線が弱い場所でのみパートナー回線に接続する仕様になっています。

 

しかし、iPhone7を含むiPhone X以前の端末では、楽天回線エリア内でもパートナー回線に優先して接続する場合があるそうです。

こちらの記事で楽天モバイルの副社長が明言されています。

 

2023年6月からパートナー回線も容量無制限になったので影響は少なくなりましたが、気になる人はiPhone XS・XR以降の機種を購入するのがおすすめです。

(個人的には5Gに対応したiPhone12以降・iPhone SE 第3世代以降がおすすめ)

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone

 

回線の自動切り替えは非対応

 

iPhone7を含め、iPhone11シリーズまでのiPhoneは回線の自動切り替えに非対応です。

そのため、一度パートナー回線を掴むと、楽天回線エリアに戻っても楽天回線に接続しなおしてくれない場合があります。

 

2023年6月からパートナー回線も容量無制限になったので影響は少なくなりましたが、気になる人はiPhone XS・XR以降の機種を購入するのがおすすめです。

(個人的には5Gに対応したiPhone12以降・iPhone SE 第3世代以降がおすすめ)

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone

 

eSIMは使えない

 

iPhone7はeSIMに非対応です。

楽天モバイルではeSIMが選べて取り扱いも簡単なのでeSIMを選ぶのもおすすめですが、iPhone7では使えません。

 

eSIMに対応しているiPhoneはiPhone XS・iPhone XR以降です。

iPhone XS・iPhone XR以降の機種は楽天回線をつかみやすいというメリットもあるので、これから端末を買う方はiPhone XS・iPhone XR以降の機種を買いましょう。

 

 

iPhone使うならおすすめは?

 

これから楽天モバイルでiPhoneを使いたい方は、iPhone12以降かiPhone SE 第3世代以降のiPhoneがおすすめです。

iPhone12以降やiPhone SE 第3世代以降の機種であれば5Gにも対応しています。

楽天モバイルの5Gエリアはまだまだ狭いですが、1~2年後にはかなり使えるようになります。

iPhoneを長く使う方は今から5G対応のiPhoneを買っておいたが方が良いでしょう。

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone一覧

 

<iPhoneの対応状況>

6S・SE
~X
XS・XR
11・SE2
12以降
SE3以降
楽天モバイル
正式対応
自社回線に
優先接続
×
回線の自動
切り替え
× ×
5G対応 × ×

 

これから楽天モバイルでiPhoneを買う方は楽天モバイル公式サイトで購入できます。

端末のみ買う方は楽天モバイル公式サイトより、購入金額に応じて楽天ポイントが還元される楽天モバイル 楽天市場店の方がお得です。

 

また、できるだけ安く買いたい方は楽天市場や中古スマホ店(イオシス・じゃんぱらなど)も検討しましょう。

中古はもちろん、未使用品も安い価格で購入できます。

 

 

▼最新iPhoneも3.2万円還元▼楽天モバイル iPhoneセール iPhoneキャンペーン価格など詳細はこちら 

 

楽天モバイルでiPhone7を使う手順

 

事前準備

 

iPhoneを使う手順を踏む前に、以下の内容を必ず確認してください。

 

  1. SIMフリー/SIMロック解除済か?
  2. 回線を開通させたか?(MNPの場合)
  3. iPhoneに別のプロファイルないか?

 

楽天モバイルで使えるiPhone7はSIMフリー端末か、SIMロック解除済みの端末のみです。

ドコモ・au・ソフトバンクなどで買ったiPhoneは事前にSIMロック解除してください。

 

 

他社や楽天モバイルのドコモ・au回線から番号そのままで楽天モバイルに乗り換えた方は、SIMが届いたあとに回線の切り替え手続きが必要です。

この手続きをしないと、本記事の手順を踏んでもそもそも楽天モバイルのSIMが繋がりません。

 

my楽天モバイルにアクセスし、「お申し込み履歴」から回線切り替えを行ってください。

詳細回線切替の手順 | 楽天モバイル

 

また、iPhone本体に他社のプロファイルが残っていると、設定をしても接続できません。

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがインストールされている場合には削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

iOSをアップデート

 

準備ができたら、iOSを最新にアップデートしましょう。

 

iOS14.4以降にしないと使えないので、必ずアップデートしてください。

iOS14.4.1やiOS14.4.2の方もアップデートしておきましょう。

 

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

アップデートは一度では終わらない場合もあります。

 

楽天モバイルのSIMを入れる

 

続いて、楽天モバイルのSIMを端末に挿入します。

(最初から入れておいても問題ありません)

 

これから楽天モバイルのSIMを契約する方は、必ずキャンペーン情報を確認してください。

事前エントリーすることでポイントが増額するキャンペーンも実施しています。

詳細楽天モバイルの最新キャンペーン情報

 

キャリア設定アップデート

 

最後に、「キャリア設定アップデート」を行います。

iOS14.4以降の方は楽天モバイルのSIMカードを入れた状態だと、以下のようなポップアップが画面に突然表示されます。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

もし表示を消してしまった場合も、しばらくすると再表示されます。

また、「設定」→「一般」→「情報」→「アップデート」でもアップデートが可能です。

 

アップデートが完了していると「アップデート」は表示されないようです。

表示されなくても4Gデータ通信ができれば問題ありません。

 

Rakuten Linkのインストール

 

最後にRakuten Linkをインストールします。

 

Rakuten Linkを使って電話をかければ、国内通話はかけ放題です。

必ずインストールしましょう。

詳細楽天Linkでできること

 

Wi-Fiに接続した状態でアプリをインストールし、ログインしましょう。

iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

 

Rakuten Link

Rakuten Link

無料

 

手順は以上です。

念のため、端末を再起動した上で通話・データ通信やRakuten Linkが使えるか確認しましょう。

 

▼契約は三木谷社長の紹介がお得▼
(追加契約/再契約も対象)
楽天モバイル 三木谷キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

楽天でiPhone7使用時の注意点

 

圏外になる/繋がらない場合

 

本記事の手順を踏んでも圏外のままの場合、原因は主に以下です。

 

  • 回線が未開通(MNPの方)
  • iPhoneがSIMロック未解除
  • 別のプロファイル残っている

 

回線が開通していない

 

MNPで他社から番号そのままで乗り換えた場合や、楽天モバイルMVNOのドコモ・au回線から楽天モバイルに乗り換えた方は、SIMが届いたあとに回線の切り替え手続きが必要です。

この手続きをしないと、そもそも楽天モバイルのSIMが繋がりません。

 

my楽天モバイルにアクセスし、「お申し込み履歴」から回線切り替えを行ってから、本記事の手順を踏んでください。

詳細回線切替の手順 | 楽天モバイル

 

SIMロックされている

 

楽天モバイルで使えるiPhoneはSIMフリーまたはSIMロック解除済みの端末のみです。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルで買ったiPhoneは事前にSIMロック解除してください。

 

 

プロファイルが残っている

 

他のキャリア(格安SIMや楽天モバイルのドコモ・au回線)から機種変更される方は、元のキャリアのプロファイルが残っている場合があります。

 

「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップし、プロファイルがあれば削除してください。

詳細プロファイルの削除手順 | 楽天モバイル

 

テザリングも可能

 

楽天モバイルではiPhone7でテザリングも可能です。

 

テザリングは「設定」→「インターネット共有」から「ほかの人の接続を許可」をONにし、つなげたい端末で端末名とパスワードを入力すると接続できます。

詳細iPhoneでインターネット共有を設定する方法

 

eSIMは使える?

 

iPhone7・iPhone7 PlusはeSIMに対応していませんので、楽天モバイルのeSIMは使えません。

eSIMが使えるのはiPhone XS・XR以降の機種です。

 

eSIMが使える機種であれば楽天モバイルのeSIMと他社のSIMを併用できます。

仕事用とプライベート用の電話番号を1台のiPhoneで使い分けられますし、通信障害用などにサブ回線のSIMを入れておくこともできます。

 

eSIMを使いたい方はiPhone XS・XR以降の機種を買って使いましょう。

個人的には5Gに対応したiPhone12以降かiPhone SE 第3世代以降がおすすめです。

詳細楽天モバイルで販売中のiPhone一覧

 

 

楽天モバイルのキャンペーン

 

楽天モバイルでは現在以下のキャンペーンを実施しています。

これから契約される方は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。

 

現在は以下のキャンペーンを適用するのが最もお得です。

 

  1. エントリーで楽天ポイント進呈
  2. 紹介URLにログイン

詳細キャンペーン・特典一覧

 

エントリーでポイント還元

 

楽天モバイル契約時には、必ず事前に以下に全てエントリーしましょう。

 

 

併用不可のキャンペーンもありますが、面倒な人はとりあえず全てにエントリーしてから楽天モバイルに申し込むのがおすすめです。

上記の中には店舗で申し込むと対象外のものがあるので、できるだけ楽天モバイル公式サイトで申し込んでください。

 

特に年会費・入会金無料の楽天カードを持っていない人は必ずカードを申し込みましょう。

同時に申し込めばさらに追加で楽天ポイントが還元されます。

詳細楽天カード×楽天モバイルキャンペーン

 

三木谷社長の紹介キャンペーン

 

楽天モバイル 三木谷社長 紹介キャンペーン

 

楽天モバイルでは従業員紹介キャンペーンを実施しています。

音声SIMのみ、音声eSIMのみで契約する場合は、紹介キャンペーンの中でも三木谷社長の紹介キャンペーンを利用するのが最もお得です。

 

楽天モバイルに契約する場合は、必ず三木谷社長の紹介ページから紹介URLにログインして申し込みましょう。

新規契約と楽天モバイルのドコモ/au回線から移行は7,000ポイント、他社から乗り換えなら14,000ポイントです。

通常の紹介キャンペーンは契約が初めての人のみですが、三木谷社長のキャンペーンなら再契約や2回線目以降でも同額のポイントがもらえます。

音声SIMだけでなく、データタイプやRakuten Turboも対象です。

 

  • 音声SIM/音声eSIM
  • データタイプ
  • Rakuten Turbo
  • 2回線目以降、追加契約

 

<紹介キャンペーンの還元額>

紹介された人が
貰えるポイント
新規契約
(新しい番号で契約)
7,000P
楽天MVNO
から移行
7,000P
他社から乗り換え
(MNP)
14,000P

詳細紹介キャンペーン | 楽天モバイル

 

一般ユーザーの紹介の場合、新規契約とMVNOから移行は6,000ポイント、他社から乗り換えは13,000ポイントなので、三木谷社長の紹介キャンペーンの方がお得です。

 

契約時は三木谷社長の紹介キャンペーンのページにアクセスし、「お申し込みはこちら」をタップして自分の楽天IDでログインすればこれでエントリーは完了です。

ログインした翌々月までに契約すれば特典の対象になるので、すぐに申し込む必要はありません。

 

ただし、家族や親戚に楽天モバイルの契約者がいる場合はそちらの紹介で申し込んだ方がお得です。

三木谷社長の紹介キャンペーンの詳細や注意点はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイル契約は三木谷社長の紹介キャンペーンがお得

 

▼契約は三木谷社長の紹介がお得▼
(追加契約/再契約も対象)
楽天モバイル 三木谷キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

その他キャンペーン一覧はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルのキャンペーン一覧

 

楽天モバイル契約はこちら

 

以上、楽天モバイルでiPhone7・7 Plusを使用する手順でした。

楽天モバイルもついにiPhone7・iPhone7 Plusに正式対応しましたので、安心して使えます。

 

これから楽天モバイルに契約される方は必ず最新のキャンペーン情報を確認してくださいね。

 

▼契約は三木谷社長の紹介がお得▼
(追加契約/再契約も対象)
楽天モバイル 三木谷キャンペーンキャンペーン詳細はこちら 

 

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました